SEO初心者ガイド[SEOmoz]

ユーザーの検索行動を知ろう|How People Interact With Search Engines[SEOmoz]

翻訳・参考記事を紹介

このコンテンツはSEOmozの許可を受けて翻訳し再公表しています。

SEOmoz https://moz.com/beginners-guide-to-seo/how-people-interact-with-search-engines(2015.12.18)

banner-chapter-2

SEOに関するオンラインマーケティング戦略では共感が最も大切です。あなたがねらうマーケットが何を探しているかをつかんだら、効果的にユーザーの心をつかみ続けることができます。

robot-evolution

ユーザーの検索行動とは

検索エンジンの使い方は年々発展しています。しかし検索を行うときの原則は大きく変わってはいません

多くの検索行動はこのように進んでいきます。

ユーザーの検索行動の流れ

  1. 答え・解決・情報が必要な経験をする
  2. 一連の単語・フレーズ・クエリを考える
  3. 検索エンジンでクエリを入力する
  4. 検索意図と結果が一致しているか見る
  5. 結果をクリックする
  6. 解決策や解決するためリンクを細かく調べる
  7. もし満足しなかったら検索結果に戻りほかのリンクをあちこち見る
  8. クエリを変えて再び検索を行う

よくユーザーのためにサイトを作るべきで検索エンジンのために作るのではないと言います。それは検索クエリはユーザーが生み出すものだからです。

検索クエリの種類は大きくわけて3つあります。

検索クエリの種類とは

  • 「Do」処理クエリ(例:航空券を買うことや音楽を聴くことなど何かしたい)
  • 「Know」情報クエリ(例:バンド名やニューヨークで最高のレストランなどの情報がほしい)
  • 「Go」案内クエリ(例:フェイスブックやアメフトのホームページなどインターネットの特定の場所に行きたい)

訪問者がクエリを検索ボックスに入力してあなたのサイトへたどり着いたとき、彼らが探していることについて満足させているでしょうか?

毎日数十億回にわたり検索エンジンは答えようとしています。検索エンジンの責任はユーザーへ関連する結果を提供することです。

あなたのサイトがターゲットにしているユーザーへ確実に答えを返しているかどうか自分自身に聞いてみるべきです。

すべては小さな検索ボックスに単語を入力することから始まります。

SEOに関する調査データ(2011年)

SEOに時間・努力・資源を投資するには根拠があります。

検索エンジンの使い方をひも解いていくと、あらゆる調査から魅力的なデータを得ることができます。

わたしたちはユーザーの検索行動を理解するだけではなく、SEOのパワーを知る必要があります。ここではSEOの重要性を示す数値を紹介していきます。

Googleの検索マーケットシェア

  • 2011年4月、Googleはアメリカの中心となる検索マーケットの検索の65.4%に達した。17.2%のYahoo!そして13.4%のマイクロソフトが後に続いた。(マイクロソフトはYahoo検索を動かしている。現実には多くのウェブマスターはGoogleからこの数値よりも高い比率のトラフィックがあるとみられる。)
  • アメリカ人はひと月で203億回検索した。Googleは134億回の検索を占めており、続くYahoo!は33億、マイクロソフトは27億、Askネットワークは5億1800万、AOL LLCは2億7700万だった。
  • Google検索の合計はすべての検索クエリの67.7%だった。続いてすべての検索の26.7%がBingによるものだった。

2011年10月comScoreレポートより

オンラインマーケティングに数十億ドルが支払われた

  • オンラインマーケティング費用は2016年770億ドルに達すると言われている。
  • 総額はすべての広告費の26%に相当する。

2011年8月Forresterレポートより

検索は新たな形のイエローページ

  • 検索エンジンで地域ビジネス情報を探すために使われたやりとりの76%はイエローページ(日本でいうタウンページ)を印刷した数よりも多い。
  • 過去30日以内に検索エンジンの67%は地域情報を探すため使われて、23%は地域メディアによるオンラインソーシャルネットワークが使われていた。

2011年のBurkeレポートより

インターネットに関する調査

  • 検索エンジンを使っているインターネットユーザーの割合はすべてのユーザーの3分の1だった2002年から比べてずっと増え続けている。
  • すべての成人インターネットユーザーの59%が検索エンジンを使っているという過去最高の結果となった。この増加によって、検索エンジンを使っている総数はメールやアプリを使うインターネットユーザーの61%になろうとしてる。

2011年8月Pewより

世界中へトラフィックを送る検索エンジントップ5

  1. Google(90.62%)
  2. Yahoo!(3.78%)
  3. Bing(3.72%)
  4. Ask Jeeves(0.36%)
  5. Baidu(0.35%)

2011年StatCounter Global Stasより

検索上位のクリックスルー率

  • Google検索結果の1位は全体の18.2%ものクリックスルートラフィックを得ている。
  • 2位は10.1%、3位は7.2%、4位は4.8%でそれ以下のすべては2%を下回る。
  • Bing検索結果の1位は平均9.66%のクリックスルー率。
  • クリックスルー率の合計平均は上位10位でGoogleが52.32%Bingが26.32%だった。

2011年Slingshot SEOより

データから読み取るSEOの重要性

人々はページ上位の検索結果へ引き寄せられています。2011年の調査によるとオーガニック検索結果はリスティング広告を超えています。

検索エンジンを通した検索データを目の当たりにするとウェブ検索とマーケティングにおける重要な気づきがあります。

データから読み取るSEOの重要性

  • 検索は非常に人気がある。オンライン上のほぼすべてのアメリカ人や世界中の数十億の人たちに届いていて、1年で20%も成長している。
  • 検索はオンライン・オフライン問わずあらゆる経済活動を動かしている。
  • 検索結果の上位表示で決定的に知名度が上がる
  • 検索の上位結果に表示することはトラフィックが多くなるだけではなくユーザーにとって価値や関連性が高い重要な会社やウェブサイトだと認識される

インターネットは全体的なものですが検索は部分的なものです。検索によってわたしたちはユーザーにリーチしビジネスを作り上げることができます。

SEOの基礎を学ぶことはこれらを達成するための必要不可欠なステップなのです。

SEO初心者ガイド目次
  1. 検索エンジンの機能とは
  2. ユーザーの検索行動を知ろう
  3. 検索エンジンマーケティングはなぜ必要?
  4. 検索エンジンに強いサイトがしているSEOとは
  5. キーワード検索方法
  6. 検索順位を上げるユーザー体験
  7. 人気を集めるためのリンク構築
  8. SEOツールとサービス
  9. SEOと検索エンジンのよくある誤解
  10. 測定と追跡のSEO戦略
翻訳・参考記事を紹介

サイト名:SEOmoz

SEOmoz https://moz.com/beginners-guide-to-seo/how-people-interact-with-search-engines(2015.12.18)

このコンテンツはSEOmozの許可を受けて翻訳し再公表しています。版元SEOmozは弊サイトと提携しアフィリエイトを行っていません。This content was re-published with permission. SEOmoz is not affiliated with this site.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA